申し訳ございません。
ご指定の商品ページはただ今お取扱いをしておりません。

ホームへ戻る

メガネが似合う人の特徴とは?自分に似合うメガネを選ぶコツも紹介!

メガネが似合う人の特徴とは?自分に似合うメガネを選ぶコツも紹介!

検索:

Zoffのメガネライフマガジン Zoff MAGAZINE

メガネが似合う人の特徴とは?自分に似合うメガネを選ぶコツも紹介!

メガネが似合う人の特徴とは?自分に似合うメガネを選ぶコツも紹介!

  • 2023.1.27
  • LIFE STYLE

メガネを店頭で試したときにしっくり来ず、「メガネが似合う人がうらやましい」と思った経験のある人は多いでしょう。確かにメガネが似合う顔立ちには特徴があります。しかし、実はどんな人にもそれぞれ似合うデザインがあり、選び方さえ知っておけばおしゃれにメガネを着用できます。メガネ選びに悩んだらぜひ本記事を参考にしてみてください。

#メガネが似合う人の特徴

  • 目が大きい
  • 鼻筋が通っている
  • 顔立ちがはっきりしている

一般的に顔立ちがはっきりしている人、とくに目鼻立ちのしっかりした人はメガネが映えるといわれています。顔立ちがメガネの存在感に負けず、むしろ一体となって調和します。

また、目と眉毛の距離が近く外国人のように彫が深い方は、メガネのフレームの上部と眉毛の位置関係のバランスが取りやすいのもポイントです。一般的に、眉毛はフレームと重なりつつ、少し見える程度が理想的とされています。ちなみに、メガネが似合うかどうかに、イケメンや美女かどうかは関係ありません。

#メガネが似合わないと感じてしまう3つの要因

メガネが似合いやすい人の特徴として、目鼻立ちがはっきりしていることを挙げましたが、そうでない方にメガネは似合わないのかというと、決してそんなことはありません。ここでは、万人に共通する、「メガネが似合わない」と感じてしまう3つの要因をご紹介します。

メガネと黒目の位置がずれている

メガネと黒目の位置がずれているとバランスが悪く見え、違和感が出ます。通常、黒目はレンズの中央にくるのが基準とされており、上下左右のいずれかに寄ってしまうと、顔のバランスが崩れて不自然に見えてしまいます。メガネから見える黒目の位置によって、顔の印象が大きく左右されるのです。

フレームの色が合っていない

フレームの色が肌や髪、瞳の色と合わないと、ちぐはぐな印象になりがちです。メガネは、かけたときに顔色が良く見えて、表情がいきいきと見えるカラーを選ぶのがおすすめです。自分の肌の色や髪の色に合うフレームの色を選ぶと、メガネが顔に自然になじんでくれます。

ファッションに合ってない

ファッションのテイストとメガネのデザインが調和していないと、全体の印象が崩れてしまい、メガネが似合わないと感じやすいでしょう。例えば、スーツにスポーティなフレームを合わせたり、カジュアルな服装にビジネス風のメガネをかけたりすると、違和感を覚えてしまいます。靴やカバンと同じように、その日のファッションに合ったメガネを選ぶことが大切です。

#自分に似合うメガネを選ぶ5つのコツ

ちょっとしたコツを知るだけで、あなたに似合うメガネを見つけやすくなります。ここでは似合うメガネを選ぶコツを5つご紹介します。

フレーム幅と顔幅を合わせる

自分に似合うメガネを選ぶなら、フレーム幅と自分の顔幅を可能な限り近づけることを意識しましょう。メガネのフレーム幅と顔幅はまったく同じか、フレームのほうがやや大きめにすると好バランスです。

フレーム幅が顔幅より狭いと、顔が相対的に大きく見えてしまうため注意が必要です。反対に、フレーム幅が広すぎると顔にフィットせず不快感が生まれたり、黒目の位置が中央に来なくなり、全体のバランスが悪く見えたりすることがあります。

黒目の位置にあったレンズサイズにする

メガネをかけたときに、黒目がレンズの中央に位置するサイズを選ぶことも大切です。黒目がレンズの中央に来ると、顔全体のバランスが整います。メガネと黒目の位置関係は、「メガネのレンズ中央から、内側に5mm・上に5mmほどの範囲に黒目が入る」のが理想的です。店頭でメガネを試着する際は、黒目の位置とレンズサイズに着目してみましょう。

眉とフレームの角度を合わせる

眉とフレームの角度を合わせると、顔とメガネが一体化して、ナチュラルな印象になります。眉のラインと、メガネのレンズ上部に位置するフレームラインができるだけ同じ角度になるメガネを選びましょう。メガネは、レンズの大きさやカラーだけでなく、顔のパーツに合ったデザインを選ぶことで、自分の顔にしっくりくるようになります。

パーソナルカラーに合わせて色を選ぶ

パーソナルカラーとは、その人の肌、瞳、唇などに調和する色のことです。人の肌の色は大きくイエローベースとブルーベースの2つに分けられ、さらにその中でイエローベースは「春」「秋」、ブルーベースは「夏」「冬」という色のグループに分けられます。

春の方は明るく透明感のある色が似合うので、コーラルピンクやグリーン、ライトブラウンがおすすめです。夏の方は、ソフトな色でラベンダーカラーやミントグリーン、スモーキーピンクなどが似合います。秋の方には、深みのある落ち着いたブラウンやゴールド、モスグリーンがぴったり。冬はヴィヴィッドな色が鮮やかに映えるため、ブラック、ダークボルドー、ロイヤルブルーなどを選んでみるといいでしょう。パーソナルカラーをメガネ選びに取り入れると、より似合うメガネが見つかります。

顔型に合ったフレームを選択する

顔型には丸顔や面長、三角顔など、いくつかのタイプがあります。顔型に合ったメガネのフレームを選ぶことは、自分に似合うメガネを見つける上でとても大切です。顔型に合ったメガネは、気になる顔型の欠点をさりげなくカバーして、顔全体のバランスを美しく見せてくれます。

#【顔型別】似合うメガネの選び方

【女性の顔タイプに合ったメガネの種類】

【男性の顔タイプに合ったメガネの種類】

顔型に合わせたフレームを選ぶと、顔のバランスがよく見えます。基本的なポイントとしては、顔型の特徴と反対の要素を持つフレームを選ぶのが重要です。

丸顔に似合うメガネの選び方

丸顔のフェイスラインを美しく見せるには、角張ったスクエアタイプのフレームがおすすめです。スクエアタイプは全体的に四角いので、顔の丸さを引き締めてくれる効果があります。やわらかい印象にしたい方は、スクエアよりも少しフレームに丸みがあるウェリントンタイプもおすすめです。

また、顔をシュッと縦長に見せたい方は、ハーフリムのフレームを選ぶと視線を顔の上部に集められるため、顔のバランスが整って見えます。

面長に似合うメガネの選び方

面長の方は顔の縦幅が長いので、メガネも同様に天地幅が広いものを選ぶとバランスよく見えます。とくに、ウェリントンタイプやボストンタイプのメガネがおすすめです。ウェリントンタイプはやわらかな印象を与え、ボストンタイプはクラシックな印象に仕上げてくれます。逆に、面長さんに似合いにくいメガネは、スクエアタイプのメガネです。スクエア型は、フレームが四角く天地幅が狭いことが多いため、顔の長さを目立たせてしまいます。

四角顔に似合うメガネの選び方

四角顔さんは顔のラインがはっきりしているので、オーバルタイプ、ラウンドタイプ、ボストンタイプのメガネがよく似合います。オーバルタイプやラウンドタイプは、丸みを帯びたフレームで顔の角張りをやわらげる効果もあります。四角顔さんは、比較的似合うフレームの種類が多い顔型ですが、天地が狭めのスクエアタイプは角張った印象を助長してしまうため避けるとよいでしょう。

三角顔に似合うメガネの選び方

三角顔は、額が広く、顎が細いシャープな顔立ちが特徴です。そのため、全体的に丸みのあるオーバルタイプ、ラウンドタイプ、ボストンタイプのフレームがおすすめです。また、アンダーリムタイプのメガネもおすすめです。アンダーリムとは、フレームの下半分がないデザインです。三角顔の額や頭部分に集まりがちな視線を顔の下半分に誘導してくれます。

#メガネのタイプ別に似合う人を解説

人気の高いメガネ5種類について、それぞれのデザインが似合う人の特徴や、おしゃれに着用するポイントをご紹介します。デザインには惹かれるけれど、どうしたら自分に似合うのか分からない、という方はぜひ参考にしてみてください。

クリアフレームのメガネ

ZA231017-00A1】 

クリアフレームは透明な素材で作られている、色味がないフレームです。男女問わず、さまざまな顔型やファッションに似合いやすいのが特徴。とくに、明るい髪色や濃いメイクによく似合います。自分のスタイルを大胆に変えたい方や普段のファッションに新しいアクセントを加えたい方が、手軽に取り入れやすいアイテムです。

べっ甲柄のメガネ

ZJ71017-49A1】 

べっ甲柄のメガネは、黄色~茶色のまだら模様で派手すぎないながらも色彩豊かで、フォーマルな装いはもちろん、シンプルでカジュアルなファッションにも合わせやすいのが特長です。メガネをおしゃれとして取り入れたい方には、べっ甲柄のメガネがおすすめです。

金縁のメガネ

ZF192014-56E1】 

金縁のメガネは、色が薄くて顔なじみがよいことから比較的誰でも似合いやすいといわれています。レトロでクラシックな雰囲気を醸し出してくれるため、シンプルな装いに取り入れるだけで、一気に上品で洗練された印象を与えられます。いろいろなコーディネートが楽しめる金縁のメガネは、メガネ初心者さんにもおすすめです。

細いフレームのメガネ

ZA192006-24F1】 

細いフレームのメガネはデザインが控えめなので、メガネ慣れしていない方やメガネをあまり目立たせたくない方でも使いやすいでしょう。また、フレームが細いとメガネ本体の主張が強すぎないため、鮮やかなカラーにも挑戦しやすいのがポイント。シンプルで洗練された印象が欲しい方は細いフレームのメガネがおすすめです。

太いフレームのメガネ

ZA231019-14E1】 

太いフレームのメガネは、目を大きくぱっちり見せられます。とくに太くて濃い縁で目を囲むデザインのメガネは、目を引き立てる効果があります。太いフレームのメガネは、メガネの存在感をアピールしたい方や、自分のスタイルに個性を加えたい方におすすめです。

#ちょっとしたコツであなたも「メガネが似合う人」に

メガネが似合わないと感じている人は、顔型や大きさとメガネが合っていないのかもしれません。メガネは、目鼻立ちがはっきりした方によく似合うとされていますが、コツを押さえれば誰でも似合わせることが可能です。顔型やパーソナルカラーなどを意識して選べば、むしろ、メガネで顔のバランスを整え、すっきりとした印象になれます。

Zoffでは、さまざまなデザインのメガネを豊富に取り揃えています。店頭では、専門のスタッフがあなたに似合うメガネ選びをサポートいたしますので、ぜひお気軽にご来店ください。

さらに、ライフスタイルマガジン「Zoff メガネライフマガジン」では、あなたに合ったメガネの選び方や、トレンドのメガネ情報もご提供しています。スマホですぐに読めるので、ぜひチェックしてみてください。

※ 商品の価格や在庫状況は掲載当時の内容です