申し訳ございません。
ご指定の商品ページはただ今お取扱いをしておりません。

ホームへ戻る

メガネを買い替えたら違和感…気持ち悪い?メガネ酔いの正体とは - Zoff Magazine

メガネを買い替えたら違和感…気持ち悪い?メガネ酔いの正体とは

Zoff

検索:

Zoff MAGAZINE Zoffのメガネライフマガジン

メガネを買い替えたら違和感…気持ち悪い?メガネ酔いの正体とは

メガネを買い替えたら違和感…気持ち悪い?メガネ酔いの正体とは

  • 2021.01.11
  • HOW TO

近年パソコンやスマートフォンを使う機会が多く、ブルーライトカットを目的にメガネを使う方が増加しています。メガネ自体デザイン性が高いものも多く、気分やシチュエーションに合わせてメガネを複数持つこともトレンドです。

おしゃれアイテムとしても身近になったメガネですが、新しく買い換えた時にクラクラしたり気持ち悪くなったりと感じる「メガネ酔い」になったことはありませんか。検査をして自分に合うレンズを選んだはずなのに、新しいメガネに違和感を持つ方もいるでしょう。

今回はメガネ酔いを引き起こす正体と、対処法を解説します。

#新しいメガネで酔うのはメガネが原因?メガネと考えるその前に

新しくメガネを買い換えたとき、見え方に違和感を覚える場合があります。

メガネ酔いが起こる原因はメガネにある可能性が高いのですが、その前にメガネ以外の原因も考えてみましょう。

体調不良

疲労やストレスなどで体調が万全ではない場合、慣れない新しいメガネをつけていると不調を起こすことがあります。また女性の場合、生理によるホルモンバランスの崩れや低血圧などが原因になることも考えられるでしょう。

体調が良くないと感じるときに、違和感があるメガネを使用することは控えましょう。

眼精疲労

パソコンやスマートフォンを使う機会が多い現代、近距離で画面を見続けると眼の周りの筋肉が常に緊張状態となります。また、デジタル機器からブルーライトを浴び続けることで、気づかない内に眼精疲労を起こしている可能性もあります。

眼精疲労は眼の周りの筋肉がずっと緊張状態にあることで起こる症状です。首や肩の凝りにも繋がります。近い距離で画面を見続けることによって眼の緊張状態は続くので、定期的に眼の緊張をほぐす必要があります。

メガネ以外が原因の時の対処法

体調不良や眼精疲労などが原因と思われる時は、一度メガネを外してしばらく様子を見てみましょう。体調が悪い時はメガネを使用せず、眼科の受診も視野に入れるといいかもしれません。

さまざまな理由から見え方に違和感を覚える場合がありますので、心当たりを探ることが大切です。

#やはりメガネが原因?メガネが引き起こすメガネ酔いの原因

昔使っていたメガネだと酔いは出ないが、新しいメガネに変えると酔いが出る場合、原因がメガネにある可能性が高くなります。

さらに、メガネの違和感には、新しい度数など一定の期間メガネをかければ慣れるような心配のない違和感と、購入した販売店で度数やフィッティング等の調整が必要な違和感があります。

メガネを新しくした時に考えられるメガネ酔いの原因をご紹介しましょう。

レンズ形状やサイズの変化

お使いのメガネと新しいメガネのフレームの形や大きさが大きく変わる場合、レンズの形状やサイズも変わるため、見え方に違和感を感じるかもしれません。

レンズの形状やサイズが変わることは、レンズ特有の視界の歪みに影響します。例えば、お使いのメガネの形が小さく、新しいメガネが大きい形の場合、視界の見え方に変化を感じやすいでしょう。

視界の広さが変わることで、レンズの周辺部分の見え方が異なり歪んで感じることがあります。新しいメガネがお使いのメガネフレームの大きさと差があればあるほど、よりその違いを感じやすくなり、見え方の違和感に繋がります。

度数の変化

新しいメガネに買い換えるとき、以前より視力が悪くなりレンズの度数が変わってしまったということもあるでしょう。

レンズの度数が変わった場合、度が強い・弱いなどの違和感を感じることもあります。数年ぶりに度数を変えたというような方は、特に違和感を感じるかもしれません。

フィッティングのズレ

フィッティングのズレがメガネ酔いの原因となることもあります。顔のサイズや眼から耳までの距離は人によって千差万別です。

メガネを快適にご使用いただく為に、顔に合わせてかかり具合を調整し、メガネをかけた際のレンズと目の位置をしっかりと合わせ、正しい位置でメガネをかけることが重要です。

フレームの形状によって調整できる箇所は異なりますが、基本的には鼻元(鼻パッドの当たり方)、耳のかかり位置、フレームの横幅などが調整可能です。フィッティングが正しくされていないと、かかり具合の違和感だけではなく、見え方が歪んで感じたり度数が合っていないように感じることがあります。

メガネのサイズが合っていない

近年、メガネフレームのデザイン性が上がり、視力矯正器具だけではなく、ファッションアイテムとして購入する方が増加しています。メガネをかけるなら流行りのデザインでおしゃれなものを選びたいでしょう。

しかし、メガネのデザインを優先するあまりに、サイズを見落としてしまうこともあるはずです。メガネのサイズミスが頭痛や、メガネ酔いを起こす原因になることもあるので注意しましょう。

基本的には、サイズミスを防ぐためにも、店頭で実際に試着して店員にサイズ感が合っているか確認してもらうことをおすすめします。

見たい距離に適した度数ではない

メガネで見たい距離によって、矯正に適切な度数が異なります。メガネを使って近距離のものを見るのか、遠距離のものを見るのか、ピントを合わせたい位置によってメガネの度数を選びましょう。

例えば、遠距離用の度数で近距離のものを見た場合、ピントが合わせづらく気持ち悪く感じます。レンズがピントを合わせようとする位置と、自身が普段見ている見たい距離に微妙なズレがあり、メガネ酔いに繋がることもあります。

慣れるまでの補正時間

メガネを初めて購入した場合、メガネに慣れるまでの時間が必要です。メガネをかけると今まで見ていた世界と変わるため、脳の認識に補正をする時間が発生します。

メガネに慣れるまではメガネ酔いのような症状が出るかもしれません。

1〜2日でメガネに慣れる人もいれば、2、3週間~1ヶ月ほどかかる人もいることを覚えておきましょう。

#「度数交換保証」が充実しているお店でメガネを買うのがオススメ!

レンズの見え方もフィッティングも合っていると店頭では感じたのに、自宅で改めてメガネをかけると合わない気がするという意見は少なくありません。また店頭だと、緊張や焦りが出てしまい、店員さんにメガネへの違和感を正直に伝えられない方もいます。

購入後にメガネが合わなかった場合のために、「度数交換保証」が充実しているお店を選ぶようにしましょう。

度数交換保証とは?

店頭でしっかり視力検査をして数値に基づいてレンズを選んだとしても、実際にメガネを使うと違和感が出ることがあります。メガネの購入から一定期間内は無償でレンズの度数を変更して交換できる制度が「度数交換保証」です。

レンズ度数の数値を購入時に検査する場合は、寝不足、疲れ目などの体調の変化によって度数が変わることがあるので注意が必要です。実際に使い始めてみないと合っているかわからない場合もあるので、購入時に度数交換保証があると安心ですね。

Zoffでは期限付き無料の度数交換保証をご用意

Zoffではメガネの購入から半年間、度数交換保証が必ず付きます。成長期で視力が変わりやすい15歳までのお子様には、度数交換保証が1年間とより長い度数交換保証が付いてお得です。購入後にメガネに違和感が出た方は、お気軽にレンズ交換にご来店ください。

※Zoffの度数交換保証は度数のみとなります。球面レンズから非球面レンズの変更は有料など、交換の対象外となる場合もございます。詳細は下記URLか、店頭でご確認ください。

#まとめ

メガネをかけると視界がはっきりして生活がしやすくなったり、デザインによっては顔の印象が変わったりします。メガネは私たちの生活の質を向上させるためのアイテムです。

自分の生活をプラスにするために購入したメガネで、メガネ酔いをしてしまうのは落ち込みますよね。メガネを使うことをやめようと思う方もいるかもしれません。

新しく買い換えたメガネでメガネ酔いになった時は、冷静にメガネ酔いの原因を考えて改善しましょう。眼科でメガネ酔いの相談をしたり、購入したお店でメガネの再調整をすることで解決する可能性もあります。

Zoffではメガネ酔いなどの不安を解消できるよう、フレーム選びからレンズ選びまでお一人お一人丁寧にアドバイスをしています。新しいメガネを購入する時は、ぜひお近くのZoffまでお気軽にご相談ください。