飛沫から目をガードするには!?目への飛沫防止策としての「メガネ」

Zoff

検索:

TOPICS

2020.03.27 お知らせ

飛沫から目をガードするには!?目への飛沫防止策としての「メガネ」

飛沫から目をガードするには!?目への飛沫防止策としての「メガネ」

いまなお、全世界で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。マスクや除菌グッズなどと共に花粉対策メガネも品薄の状況です。
日本眼科学会や日本眼科医会からは、新型コロナウイルス感染予防策については、従来通り、手洗い・咳エチケット・体調管理等の徹底に加え、手で直接目を触らないといった一般的な感染症対策も有効としています。
そこで目への飛沫防止策としての「メガネ」について総合内科専門医 秋津壽男先生にお話しを伺いました。

総合内科専門医 秋津壽男先生のコメント

物理的にウイルスの感染源を断つ工夫をすることが重要です。そのためウイルスの感染経路の1つである飛沫を、メガネでガードすることも有効でしょう。花粉対策用として設計されたフード付きのメガネもありますが、ウイルスは花粉のように空気中から直接目に入るわけではないので、通常のメガネでも充分です。レンズを清潔にする事もお忘れなく。レンズの表面には飛沫が付いているかもしれませんから。またコンタクトレンズよりもメガネの方が得策です。なぜならコンタクトレンズは着脱の際に目に直接触れるため、粘膜から感染する危険性が高まります。メガネであれば無意識に(ウイルスが付着した)手で目の粘膜に触れないし、くしゃみや咳によるつばや唾液等の飛沫からも防げます。


秋津壽男先生のプロフィール
秋津医院院長、総合内科専門医。大阪大学工学部醗酵工学科を卒業後、和歌山県立医科大学医学部に入学。循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコー等を学ぶ。その後、東京労災病院等を経て、1988年に品川区戸越銀座に秋津医院を開業。


飛沫防止に!Zoffがおすすめする人気商品


顔に沿ったデザインや、トレンドの大きめのシェイプのものが特におすすめです。

Zoff CLASSIC
縦幅がある大きめフレームは、抜け感が出る上に小顔効果も期待でき、ファッションのアクセントにもなります。

Zoff CLASSIC 特集ページをみる

Zoff SMART
驚きの軽さと、壊れにくいタフなメガネ「Zoff SMART」。ユニセックスでシーンを選ばず、使いやすいフレーム。

Zoff SMART 特集ページをみる

ULTRA LIGHT
わずか1円玉4枚分という超軽量の「ULTRA LIGHT」シリーズ。長時間の着用も快適に。

ULTRA LIGHT 一覧ページをみる

Zoff UV クリアサングラス
紫外線を100%カットするクリアレンズ搭載。レトロな印象のラウンドシェイプでキュートな雰囲気に。

Zoff UV 特集ページをみる

Zoff PC (ブルーライトカット率約50%)
ブルーライトカットを約50%カットするPCレンズ搭載。フレームは軽量素材を使用し軽く、頭部を包み込む"抱き込みテンプル"でフィット感も抜群

Zoff PC 特集ページをみる