購入金額 ¥3,240(税込)以上で送料無料!

検索:

ご存知ですか? 紫外線のこと

  • 紫外線って?
  • 季節や天候で変動する紫外線
  • 目からの紫外線で肌が黒くなる!?
  • 目の病気の原因に!?

地表に届く太陽の光には、目に見える光(可視光線)のほかに、目に見えない赤外線や紫外線が含まれています。
紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されます。

UV-C(100~280nm)はオゾン層に吸収されるため、地表には到達しませんが、UV-B(280~315nm)とUV-A(315~400nm)は地上に降り注いでいます。この地上に降り注いでいるUV-BとUV-Aは、皮膚のみならず目からも吸収され、白内障や眼精疲労、シミ・そばかすの原因になると言われています。

季節や天候で変動する紫外線

紫外線は、夏場の6~8月にかけて非常に強くなるので注意が必要です。
特に夏場の快晴では、紫外線が最も強くなります。また、標高の高い場所は低い場所よりも影響を受けやすく、砂や雪面は紫外線を強く反射するので、海水浴やスキーなどのレジャーでは強い日焼けをしやすくなります。

一方で、紫外線は曇りや雨、夏以外も一年中降り注いでいるので、冬でも十分な紫外線ケアが必要です。

参考:気象庁データ

目からの紫外線で肌が黒くなる!?

お肌のUVケアをしていても、目に紫外線が当たると、脳が「メラニンを作れ」という命令を出してお肌がシミ・そばかすで黒くなります。目も紫外線から守ることが重要です。

  1. 細胞にダメージ!
  2. メラニンを作れ!
  3. 肌が黒くなる!

マウスの実験による証明

  1. 紫外線を当てない
  2. 耳だけに紫外線
  3. 目だけに紫外線
サングラスの着用がメラニン増加や疲労を抑制
サングラスをかけていない状態と、サングラスをかけた状態では、
メラニンの増加に大きな差が現れます。

サングラスをかけた状態では、裸眼の状態に比べ、
メラニンの増加を概ね半分以下に抑えることが可能です。
大阪市立大学 名誉教授 井上正康先生 監修

目の病気の原因に!?

お肌の日焼けと同様、目も紫外線で炎症を起こします。

角膜や水晶体などの組織は、紫外線を吸収して目を守る働きをもっていますが、
UV-Bは「目が充血する」「まぶしい」「異物感がある」「涙が止まらない」「目があけられない」「目が乾燥する」などの原因にもなります。
また、強い紫外線は「白内障」の原因となります。