Zoff

\今だけニャンと!/2本以上購入で10%off!

検索:

小さなお子さまから大人まで
花粉STOP!
without tax ~
¥ 3 , 0 0 0

花粉メガネ AIR VISOR

XSサイズが新登場 豊富なサイズから選べる、抜群のフィット感。くもり止めレンズも標準装備。

花粉を最大95%※カット! (株)分析センター調べ。 AIR VISORでの測定値(お顔の形状によって個人差があります)

これまで最小だったSサイズよりさらに、小さなお子さま向けに作られたXSサイズが新登場。豊富に揃ったサイズバリエーションから、お顔に合ったサイズをお選びいただけます。さらにくもり止めレンズが標準装備※されているため、マスクとの併用時も快適です。
追加料金+¥3,000(税別)から「度つき」にできます。

度なし

¥ 3,000 (税別)

度付きにもできる!
追加料金+¥3,000(税別)から

AIR VISOR 4つのポイント

豊富なサイズから選べるフィット感

NEW

お客さまの声にお応えし、
これまでのSサイズよりさらに小さなXSサイズも登場。
4つのサイズからお顔に合わせてお選びいただけます。

サイズの目安はこちら

マスクをしてもくもりにくいレンズ

寒暖差があるときや、
マスク着用時はレンズがくもりやすいため、
くもり止めレンズを標準装備にしています。
度付きレンズに変更された場合は、別途+¥3,000(税別)からとなります。

自分でフィッティング調整できる

耳の当たるモダン部分と
鼻パッド部分は自由に動かせる仕様になっており、
ご自身でも簡単に調整可能です。

メガネのような自然なデザイン

細身のサイドとクリアなフードを採用。

メガネで始める花粉対策 ~ 日常での花粉の防御は「マスクとメガネ」が有効 ~

女性やお子さまにオススメ AIR VISOR ディズニーモデル

ミッキーマウス、ミニーマウスのモチーフをサイドにあしらったデザインに新柄が登場!
小さなお子さまや顔の小さな女性におすすめの
2サイズをご用意しています。
XSサイズ 2種類 / Sサイズ 2種類 各¥3,000(税別)

一覧をみる
お顔の小さなお子さま用にXSサイズが新登場!

AIR VISOR 商品ラインアップ

¥3,000 (税別)
追加料金+¥3,000(税別)から「度つき」にできます。

サイズの目安

今年はXSサイズが新登場!豊富なサイズからお顔に合わせてお選びいただけます。

XSサイズ
お顔の小さなお子さま
(小学校低学年以下)
Sサイズ
お子さま・大人の女性
Mサイズ
大人の女性・男性
Lサイズ
大人の男性

お子さま向けモデル KIDS

大人向けモデル REGULAR

着脱型フード付き2WAYメガネ Zoff +PROTECT

特許出願中! ※2019年1月11日現在

フードを簡単に取り外せ、普通のメガネとしても使える便利な1本2役の花粉対策メガネが新登場!
ダテメガネや度付きメガネにできるのはもちろん、
オプションでPCレンズなども入れられます。手軽な粉じん・防風対策としても通年で使えます。
くもり止めレンズは標準装備ではありません。別途+¥3,000(税別)から変更可能です。

  • 花粉
  • 黄砂・粉塵
  • 風除け

度つき・度なし / Mサイズ / 2種類 各¥7,000(税別・標準レンズ代込)

Zoff +PROTECT 商品ラインアップ
特設サイトをみる
花粉メガネ商品一覧をみる

サングラスやメガネでも、花粉の侵入を軽減できます
気になる紫外線とWで対策しませんか?

  • SUNGLASSES ¥3,000~(without tax)
  • Zoff NIGHT & DAY
  • 2way Lens(調光レンズ)
  • 旬の大きめフレーム

くもり止め商品

くもり止めレンズ

¥ 3,000 (税別) から

マスクとメガネを併用される場合は特におすすめです。付属の専用メガネ拭きでメンテナンスしていただくことで、さらにくもり止め効果が持続します。
AIR VISORを度付きに変更された場合も、別途+¥3,000(税別)からになりますので、ご了承ください。

詳細をみる

くもり止めスプレー

¥ 600 (税別)

レンズに吹きかけていただくことで、マスク着用時でもくもりが軽減できるスプレーです。外出時など携帯にも便利なコンパクトサイズ。

詳細をみる

大人から子どもまでメガネで花粉対策を! 日本医科大学 大久保公裕 先生

近年、大人だけでなく子どもの間でも花粉が気になる人が増えているという。まもなく飛散量がピークを迎えるスギやヒノキの花粉に苦しまないためにも、花粉を防ぐ方法を知っておきたいもの。そこで、花粉対策に詳しい日本医科大学の大久保公裕先生に話を聞いた。

外出の際には花粉に注意

ここ数十年で人間の生活環境が大きく変化したことが、花粉に対するアレルギーを持つ人が増えてきた要因の一つだと考えられています。また、花粉に苦しみはじめる時期も低年齢化の傾向にあるので、幼い頃からしっかりとした対策をしてあげることが重要です。外で遊び、自然界にある多様な物質に触れることが子どもの健やかな成長につながるでしょう。しかし、室外、特に河川敷や道路がアスファルト舗装されているエリアなどには大量の花粉が飛んでいるため、大人も子どもも、外出の際には注意したいですね。

メガネとマスクで手軽に花粉を防御!

時期によって種類は違うものの、2月から10月にかけては、なんらかの花粉が空気中を舞っています。これからの季節、特に多くなるのがスギやヒノキの花粉です。日本気象協会によると、今年は例年より飛散量が多くなるらしいので気を付けてください。これらの花粉はすでに飛びはじめているため、いますぐ対策を行うことをおすすめします。様々な対策方法が話題になりますが、メガネとマスクを着用するだけでも十分効果があるでしょう。薬の副作用が気になる方や、心身ともにデリケートな子どもでも手軽に実践できるので、ぜひ取り入れてほしいです。

メガネ着用を子どもの習慣に

子どものメガネ着用には、頻繁に目をこすらなくなるという利点もあります。しかし、小さい子にとって花粉が気になる一時期だけメガネをかけるというのは難しいものです。日頃からメガネをかける習慣をつくってあげましょう。そのためには、その子に似合うメガネを選んであげることも重要です。最近ではオシャレでファッションアイテムとしても使えるものもたくさんあるため、気に入るものが見つかるでしょう。大人の間では花粉対策にメガネを用いるということが広まってきていますので、子どもにもより身近なものになればと思います。

大久保 公裕 先生

日本医科大学および同大学院修了。医学博士。日本医科大学耳鼻咽喉科学講座主任教授、大学院医学研究科頭頸部・感覚器科学教授、付属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長を兼任。

2019年2月22日付 読売新聞 朝刊全国版掲載