メガネの厚みに悩む方はチェック!世界最薄両面非球面プラスチックレンズとは?

Zoff

検索:

Zoff MAGAZINE Zoffのメガネライフマガジン

メガネの厚みに悩む方はチェック!
世界最薄両面非球面
プラスチックレンズとは?

  • 2019.09.13
  • HOW TO

「レンズの厚みがイヤ」「レンズ周辺部の歪みが気になる」「フェイスラインが歪む」使い心地から見た目まで、度付きレンズにすることで起きる悩みをまとめて解決したい!
そんな方に、ぜひチェックしていただきたいのが軽くて薄い世界一スタイリッシュな「世界最薄両面非球面プラスチックレンズ」。

一体何がすごいのか?その魅力をお届けします!

The thinness of surprise!世界最薄はどこまで薄くなる?
驚きの「薄さ」に注目!

今季注目されているメガネのトレンドといえば、顔まわりをスッキリ見せる細いメタルフレーム。
でも、度数が強いとどうしても細身のフレームに対してレンズの厚みが目立ってしまうから、欲しいのに選べない…と困っている人もいるのではないでしょうか。「それなら別のトレンドフレーム、ビッグシェイプは?」とチャレンジするものの、やっぱりダメ。
レンズの厚みが理由で諦めてしまったという方は、意外に多いんです。そんな度付きメガネのお悩みを解決してくれるのが、Zoffの世界最薄両面非球面プラスチックレンズ!
プラスチックレンズの中では世界で最も薄いといわれている屈折率1.76なので、度数が強くても驚きの薄さを実現できます。

標準タイプのプラスチックレンズとの厚みを比べても、この通り!こうして比べてみると、その違いがよくわかりますよね。

標準タイプの
プラスチックレンズ

世界最薄両面非球面
プラスチックレンズ

S-6.00

実際に、人気の高い細身のフレームに度付きレンズを当てはめたのがこちら。
左が標準タイプのプラスチックレンズ、右がZoffの世界最薄両面非球面プラスチックレンズです。
ほんの数ミリの差が、見た目の印象を大きく変えてしまうんです。※度数によってレンズの厚みは違いが生じます。

Keep a clear view!両面非球面レンズだから、
すみずみまでハッキリ見える
クリアな視界をキープ!

球面設計

非球面設計

両面非球面設計

さらに、メガネを掛けたときの見え方も重要なポイント。
こちらの画像は左から順に、「球面設計」「非球面設計」「両面非球面設計」の視界を比較したものです。
度付きメガネで悩みがちなレンズ周辺部のゆがみが、両面非球面設計では極めて少ないことが分かりますよね。
レンズのすみずみまでハッキリと自然に見えるから、疲れを感じにくく、目にやさしいレンズなのです。

Impression does not change!度付きレンズでも顔の印象は、
ほとんど変わらない!

標準プラスチックレンズ

世界最薄プラスチックレンズ

S-4.00

度付きメガネにおけるお悩みといえば、見た目の印象。
レンズ越しだとフェイスラインがゆがんでしまって、本来のお顔とは違う印象に違和感を覚える人も多いはず。
両面非球面レンズなら、この違和感を取り除いてくれます。

Leave it to Zoff!どちらか判断がつかない場合は
Zoffにおまかせ!

Zoffのこだわりがギュッと凝縮した世界最薄両面非球面プラスチックレンズは、度数が強くても標準タイプのメガネと比べて見た目の印象を変えることなく、気持ちよく使えるのが最大のメリットです。
こういった高性能レンズは高額というイメージですが、Zoffでは追加料金15,000円(税別)で、このレンズを選ぶことが可能です。

度付きメガネに悩みを抱えている方は、ぜひZoffの世界最薄両面非球面プラスチックレンズについて、スタッフに相談してみてくださいね。※見え方、感じ方には個人差がございます。
※度数によってレンズの厚みは違いが生じます。

スタッフクレジット

Illust
つまようじ
Edit & Text
izumi

商品の価格は掲載当時の内容です。