検索:

お子様のメガネもZoffならあんしん

ゾフなら、セットレンズ代込み¥5,500~(税込)

お子様のメガネもZoffならあんしん

Zoff KIDS 安心保証

Zoffのキッズメガネは充実の安心サポートでお子様の成長を応援します。

Zoffのキッズメガネは充実の安心サポートでお子様の成長を応援します。

こどもたちを応援するサポートプログラム「Zoff U-15」15歳までのお子様限定でレンズの度数交換が1年間無料

視力変化が著しい成長期のお子様を対象としたレンズのサポートプログラム。
Zoffでメガネをご購入いただいた15歳までのお子様なら、
お渡し日または発送日より1年間、レンズの度数交換を無料にて承ります。
店頭購入&オンラインストア購入のどちらも対象です。

  • ※店舗でご購入の場合、「Zoff U-15」の印字のある保証書をご持参ください。
  • ※オンラインストアでご購入の場合も実店舗、オンラインストアどちらでも保証は可能です。
    詳しくは店頭スタッフ又は、オンラインストア専用お問い合せフォームからお問い合わせください。
  • ※レンズの破損、傷については、保証対象外とさせていただきます。
  • ※交換レンズのスペックは、ご購入いただいたレンズと同等のものとさせていただきます。
さらに、Zoffならではの安心サポート

フレーム1年間品質保証

商品不良により生じた破損等の不具合は、お渡し日または発送日より1年間修理又は交換させていただきます。

視力測定無料

視力の変化を早めに発見するために、定期的な視力測定をおすすめいたします。

かかり具合の調整無料

フレームの歪みやかかり具合の調整・クリーニングは、全国のZoff店舗にていつでも対応いたします。

Zoff KIDSのLINE UP

Zoffのキッズメガネは素材選びからデザインまでお子様のためのこだわり満載。

Zoffのキッズメガネは素材選びからデザインまでお子様のためのこだわり満載。

こだわりポイント

安全・安心な素材

医療器具などにも使用されている「French Plastic」や、航空機にも用いられるほど高い信頼性をもった最先端プラスチックなどを使用。

ずれにくい設計

鼻の高さに合わせて微調整可能な鼻パッドや耳にかける部分にはラバー素材を使用するなど、思いっきり遊んでもずれにくい!

シンプルにキメる?おしゃれを楽しむ?Zoffでお気に入りの1本を見つけよう。

まるでメガネをかけていないような
快適なかけ心地。驚きの軽さと、しなやかさで、
元気なお子様の毎日にフィットします。

[ゾフ・スマート]シリーズ 累計販売本数550万本突破!

設置面が広いので、よりズレにくくしっかり掛けられます。柔らかいので鼻元の痛みを感じにくく、跡もつきにくい。

スライド鼻パッド

メガネをかけるのが楽しみになりそうな、ディズニーのコレクション。

アクティブな動きに対応する、
ずれにくいオリジナル設計。

テンプル(つる)の部分に、伸縮可能なスライド構造を採用。普段は普通のメガネとして、スポーツ時など激しく動くときにはテンプルを伸ばして、頭部を360°ホールドできます。

> 詳しくはこちら

スポーツ中の危険から子供の目を守る
スポーツ用メガネ

耐衝撃性レンズや耐久性の高いフェイスパッド、ズレ落ちを防ぐゴムバンドなど、かけたままスポーツが楽しめるように考えられたメガネ。ゴムバンドはお子さまの成長に合わせてサイズ調整できます。

¥16,500(税込) ※SWANSのみ耐衝撃度付きレンズ代込
※通常使用において万が一レンズにキズがついてしまった場合、お渡し日または発送日より1年間に1度、同一商品・同一度数にて無料交換いたします。

3分でわかる!はじめてのメガネの作り方 for KIDS

視力1.0未満の小学生は、令和元年度34.57%で、
過去最多を更新しているというデータがあります。(学校保健統計調査による)
お子様の近視の進行を抑えるためには、目に負担をかけない生活と、適切なメガネ選びが大切です。

1.まずは眼科検診を

はじめてメガネを作るときは、眼科を受診し、メガネを作るための処方箋を作成してもらいましょう。視力だけでなく、お子様の目の状態を知ることも大切です。

2.処方箋を持ってお店へ

眼科の処方箋をお持ちいただき、お近くのZoffへお気軽にご相談ください。
スタッフが誠意を持ってメガネ選びをお手伝いいたします。

3.デザインを選ぼう!

まずは、お子様の顔の幅に合ったフィット感のあるフレームを選びます。利用シーンなどをスタッフに相談しながら、いろいろなメガネを試着してみましょう。

4.Let’s フィッティング!

耳のかかり具合や鼻パッドの微調整など一人一人に合わせたメガネに仕上げます。またZoffではフレームの歪み調整、レンズ交換、クリーニングなどアフターケアも充実しています。

ぴったりメガネを上手に選べる5つのポイント

Point1.レンズの中心と目の中心がなるべく合っているもの
Point2.顔の横幅とメガネの横幅がだいたい同じくらいのもの
Point3.耳の後ろにかかっているテンプルの長さが十分なもの
Point4.鼻パッドやつる先があとから調整できるもの
Point5.なによりもお子様自身が心から気に入ったもの

子どもの目の基礎知識

学校で必要な視力ってどのくらい?

通常、教室の後ろの席から黒板の文字が読めるためには0.7以上の視力が必要と言われています。学校の視力検査では下記の4段階で判定が出ます。CやD判定が出た場合は、まずは眼科を受診しましょう。

学校の視力検査判定をチェック!

目に負担をかけない生活のポイント

適切な距離で見る

液晶テレビは画面の高さの3倍の距離から見ます。読み書きやスマートフォン・タブレットなどは、目から30~40cm離れて見るようにしましょう。

明るさを調整する

読み書きはデスクライトをつけて明るさを補います。パソコンは画面の照度をやや暗めに調整しましょう。

時間を決めて目を休める

長時間近くを見続けることがないように、親子で時間を決めてください。スマートフォンやタブレットは15~30分、パソコンは30~40分程度が目安になります。

よい姿勢を保つ

目への負担を減らすには、よい姿勢で座り、画面に近づきすぎないようにすることが大切です。

寝る前にデジタル機器に触らない

寝る1時間くらい前からは、パソコンやスマートフォンの操作をやめましょう。明るさや興奮で寝つきが悪くなり、睡眠不足を招きます。寝ながらスマートフォンを触るのはもちろんNG。

できるだけ外で遊ぶ

外で遊んでいる時間は、遠くを見ることが多いので目に負担がかかりません。室内でスマートフォンやタブレット、パソコンの画面を見ているよりも健康的です。近視の予防になり、進行を遅らせる効果があります。

現在、メガネが必要ない視力でも、学年が上がるにつれて近視になる可能性があります。
できるだけ眼科で半年に1回ほど定期検査を受けましょう。

子どものうちからメガネを大事にする習慣を

レンズをキズつけないように注意

レンズの表面を下に向けて置くとキズがつきやすいので、ていねいに置きましょう。外して使わないときは、ケースにしまいましょう。

メガネふきでふく

レンズがくもったり、汚れたりすると見えづらくなります。専用のメガネふきでふくように習慣づけましょう。ティッシュはレンズをキズつけるのでNG。

ゆがんだときはメガネ店へ

レンズの中心が黒目の位置にぴったり合っていないと見えづらくなります。メガネを踏んだり、遊んでいてフレームがゆがんだりしたらメガネ店に持っていき、調整してもらいましょう。

メガネが合っているか定期的にチェック

メガネをかけている子どもは、定期的に視力検査や眼科受診をして度数が合っているか確認しましょう。顔の大きさにフレームが合っているかもチェック!

子どもの近視Q&A

Q.近視が学童期に生じるのはなぜでしょうか?
ほとんどの近視は、体が成長する学童期に眼球が前後方向に過度に伸びてしまうことで発症します。
小学4~5年頃に著しく進行し、24~25歳で止まります。
Q.近視はなぜ進行するのですか?
近視が進行する原因ははっきりとわかっていません。
近くを見続ける「近業」が長時間続くと、目が過度に緊張することにより近視が進行するのではないかと考えられています。
そういう意味では、子どもがスマートフォンやタブレットを長時間見続けないように、親がスマートフォンなどの使用時間を制限して目を休めさせることをおすすめします。
Q.近視の進行を抑える食べ物や目にいいサプリメントがあれば教えてください。
医学的に近視の進行を遅らせる効果があると立証された食べ物やサプリメントはありません。
視力回復トレーニングやツボ押しも同様です。
Q.近視の進行を防ぐにはどうしたらいいですか?
近視の進行をできるだけ遅くするためにも目に負担をかけない生活を心がけることが大切です。
Q.スマートフォンは目に悪いのでしょうか?
スマートフォンが目に悪いかどうかはわかっていませんが、過度に近くを見続ける緊張が近視を進行させる可能性があり、また内斜視になる可能性も指摘されています。長時間スマートフォンに夢中になることで、勉強に対する集中力が落ちたり、睡眠不足になるなどの影響も懸念されます。
Q.近視用のメガネが必要になる視力は?
教室で座る席や学年にもよりますが、小学3年生以上は、裸眼視力が0.5でメガネを考え、0.2~0.3で必要というのが目安です。そのままだと勉強にさしつかえることがあります。メガネをかけたり外したりしても、それで近視が進行することはありません。
Q.強いメガネをかけると近視が進みますか?度は弱めの方がいいですか?
メガネの度数の強弱が近視の進行に影響することはありません。
遠くがよく見える度数に合わせて選ぶのが一番です。度数が弱いメガネの方が楽に感じることもありますが、眼科できちんと検査を受けて、適正なメガネの度数を処方してもらいましょう。
Q.メガネとコンタクトレンズでは、どちらが近視にいいですか?
メガネもコンタクトレンズも近視の進行や予防には影響がありません。
コンタクトレンズは衛生面から、自分で装着したり、適切な管理ができる年齢になってからがいいでしょう。

中学生以上からと考えてください。
Q.はじめてのメガネを選ぶときに重視することは?
メガネの扱いに慣れていないうちは、メガネをランドセルにそのまま入れたり、ポケットに入れたまま座ったりしてしまうことがあるため、フレームの強度が高いものを選びましょう。レンズがキズつかないよう(フレームも曲がらないよう)外したらケースにしまうことが大切です。眼科やメガネ店でメガネの取り扱いについて十分に説明を受けて、ていねいに使いましょう。