Zoff×早坂香須子氏によるライフスタイルメディア「Beautiful MEGANE Life」クリス-ウェブ 佳子氏と語る「経験が私を育む、大人旅の流儀」

購入金額 ¥3,240(税込)以上で送料無料!

検索:

TOPICS

2019.01.30 お知らせ

Zoff×早坂香須子氏によるライフスタイルメディア「Beautiful MEGANE Life」クリス-ウェブ 佳子氏と語る「経験が私を育む、大人旅の流儀」

Zoff×早坂香須子氏によるライフスタイルメディア「Beautiful MEGANE Life」クリス-ウェブ 佳子氏と語る「経験が私を育む、大人旅の流儀」

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)はZoffオフィシャルサイト内にて公開中のwebコンテンツ「Beautiful MEGANE Life(ビューティフル・メガネ・ライフ)」にてメイクアップアーティスト早坂氏との第3回対談企画のゲストにファッションモデル、コラムニストのクリス-ウェブ 佳子氏をお迎えしました。

経験が私を育む、大人旅の流儀

新たな年を迎え、心機一転新しい自分を見つけたい。そんな自分探しをしたいなら、“旅行”ではなく“旅”に出かけてみませんか?
2児の母として、モデルとして、多くの女性たちから支持されているクリス-ウェブ 佳子氏は業界きっての旅の達人。2018年には自身や家族での旅の記録や楽しみ方をまとめた著書を上梓し話題を集めている彼女に、旅を楽しむ奥義や考え方を伺いました。
また、早坂氏による「メガネ偏愛コラムでは」Zoffの新商品でもある“Zoff DECA(ルーペ)とReading Glassesの使い方”や花粉症の方必見“花粉対策”など生活の役に立つコラムになっています。

2019年2月6日公開 / メガネ偏愛コラム【Zoff DECA&NEW Reading Glassについて】 2019年2月13日公開 / メガネ偏愛コラム【花粉対策について】

  

「Beautiful MEGANE Life」概要

Zoffのスローガンである「EYE am a HERO!」(=メガネが主役の時代をつくる)を元に、もっと気軽に大人の女性にメガネを楽しんでいただく提案として、ファッション業界の第一線で活躍するメイクアップアーティスト早坂香須子氏をお迎えし、新しい視点のライフスタイルメディア「Beautiful MEGANE Life」を2018年10月にオープンいたしました。
早坂氏を取り囲む多彩なゲストを迎え、対談や四季の折々にふれて綴る早坂氏のコラムを通して、メガネのある美しい暮らしのヒントをお届けいたします。
【公開日】
クリス-ウェブ 佳子氏との対談 2019年1月30日(水)
メガネ偏愛コラム(Zoff DECA&NEW Reading Glassについて) 2019年2月6日(水)
メガネ偏愛コラム(花粉対策について) 2019年2月13日(水)
【URL】http://bml.zoff.co.jp/

早坂 香須子(ビューティディレクター/メイクアップアーティスト)

早坂 香須子(ビューティディレクター/メイクアップアーティスト)

元看護師という医学的知識と観点から、インナービューティ、オーガニックプロダクトコンサルタントなど多岐にわたり活躍。
アロマやフィトテラピーにも精通し、その豊富な知識を活かした美容メソッドを提案している。著書に「YOU ARE SO BEAUTIFUL」(カエルム) 、「100% BEAUTY NOTE 早坂香須子の美容A to Z」(KADOKAWA)がある。NEROLILA Botanicaブランドディレクターを務める。「W」所属。

【クリス-ウェブ佳子さんとの対談について早坂氏のコメント】
クリス-ウェブ佳子さんとの出会いは彼女がモデルをはじめる前で、なんとかっこいい女の子なんだ!と感じたのをいまでも鮮明に覚えています。いまでは雑誌やSNSでも確固たる存在感を発揮している彼女ですが、その自然体な佇まいや内から溢れる凛とした女性らしさに、スタッフ全員が惚れ惚れとしていたのが印象的。旅というテーマを通して、たくさん言葉の栄養を頂き、旅は女性を美しくも、逞しくも輝かせる源になるものだと感じました。
アイウェアという旅のワードローブに、Zoffならではの機能性やデザイン性をプラスすることで、女性たちの旅はもっと自由に、もっと自分らしくカスタムできるのではないでしょうか。

クリス-ウェブ 佳子さん(モデル/コラムニスト)

クリス-ウェブ 佳子さん(モデル/コラムニスト)

1979年生まれ。2011年、雑誌『VERY』の専属モデルに。以降、コラムの執筆、ラジオやトークショーへの出演など幅広い分野で才能を発揮する。著書に『考える女』〈光文社〉、『TRIP with KIDS - こありっぷ -』〈講談社〉など。2児の母。