脱「フツーな俺」宣言! 人生変えちゃう進化版トレンド「ネオアスリート」系とは?

2017.08.25
twitterシェアボタン facebookシェアボタン

フツーな生活のなかにほどよく運動を取り入れるだけで、人生が驚くほど豊かなものになる。例えば、仕事終わりでそのままジムやフットサルへ行く。びしっとスーツ着用でもオフロードバイクで出社する……。

それを実践する「ネオアスリート」系男子、略して「ネオアス」系男子が、ブームの兆しだ。とはいえ運動を始めようと思っても、行動に移すのにはなかなか時間がかかるもの。それなら、まずはカタチから入ってみるとモチベーションが上がりやすい。

普段のファッションをどう改善すべきかのポイントをスタイリスト・松田有記氏に聞いてみた。体を鍛えるためにジムとランを日常的に行うという、自身も「ネオアス」系な松田氏。「普段のファッションを少し変えるだけで、運動しよう!とやる気が湧いてきます」

機能性とデザインを両立したアイテムでモチベーションをあげる

ネオアス系男子に必要なのは、「動きやすさ」と「カッコよさ」。この2つがそろえば怖いものはない。「楽」とか「無難」で洋服をセレクトするのは、もう、終わり。

(Before)ニット¥18,000/ホワイト ライン(グランデッド)
(After)ジャケット¥63,000/マウンテン オブ ムース(ワークショップ ミナカミ)(以上すべて税別)

トップスには運動シーンにも対応できる素材や機能のものをチョイス。「最近のアウトドアブランドは、タウンユースできるものも非常に多いです。例えば黒のマウンテンパーカーなら、スーツの上から着ても違和感なくカッコイイ」

(Before)ジーンズ¥9,000/サニーレーベル(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店)、スニーカー¥11,000/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR)
(After)リブパンツ¥27,000/メッサジュリエ(WAKO & CO)、スニーカー(エア ズーム マライア フライニット レーサー)¥14,000/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス) (以上すべて税別)

普段のボトムは、リブパンツに変えるだけで見違える。「だらしなく見せないためにはタイトめなシルエットを。リブの真下にくるぶしがくる丈感がおしゃれに見せるコツ。ハイテクシューズは、靴下のようにはき口が編み仕様になっていてすっと足入れが可能なニットアッパーが最近のトレンド。オレンジなどのビタミンカラーに注目です」

実は小物が、肝心カナメ!

「ネオアス系に移行するのに一番重要なのは、小物。洋服は気候やTPO、その日の気分に合わせて着替えますが、小物は同じものを愛用したいという男性が多いはず。ネオアス系を目指して、自身の生活スタイルに運動を取り入れるなら、小物のセレクトを一度見直してみては」と、松田氏。

(Before)トートバッグ¥2,600/オー ドーン(ザ・メロウハウス)
(After)バックパック¥38,500/ポーター×ワーク ノット ワーク(ワーク ノット ワーク アーバンリサーチ KITTE丸の内店)(以上すべて税別)

なんとなく使っていたトートを運動シーンにも適した機能派リュックに変えるだけ。「最近では通勤中もリュックの男性は多いです。スーツ姿にもしっくりマッチするものでオンオフ両用を」

そして、もはや顔の一部である、メガネ。運動する際にずれてしまう……などどうしてもハードルになりがちなメガネは、運動用のものにシフトするだけで、快適そのもの! とはいえ、普段も同じものをそのまま使いたい、という欲張りなキミにぴったりのラインナップがこちら。

「走れるメガネ」Zoff ATHLETE(ゾフ・アスリート)が頼れる存在!

Zoff ATHLETE CASUAL LINE (上から)ZN71011_B-1A、ZN71012_B-2、ZN71013_B-2
各¥7,000(税別・標準レンズ代込)

Zoffで発売中の「Zoff ATHLETE CASUAL LINE(ゾフ・アスリート カジュアルライン)」は、耳にかけるテンプル部分がすべてラバー素材で出来ていて顔の形にぴたっとフィット。

さらに鼻パッドは自分の顔形に合わせて調整可能。よく動き汗をかくスポーツシーンでもずれにくく、快適につけられる。

指でつまんで動かすだけで幅を調整でき、形をキープ。

「スポーツラインのサングラスは多く出ていますが、メガネはあまり見かけないのでこれはいい!デザインもおしゃれ。普段着やスーツに合わせても違和感なく、女子ウケも良さそうです」と松田氏。

さらにガチで運動する場合は、よりスポーツシーンに適したアクティブ仕様の「Zoff ATHLETE ACTIVE LINE(ゾフ・アスリート アクティブライン)」をチェック。

日常のファッションを少し見直すだけで、スポーツへと意識が向き、自然と「ネオアスリート」系男子に。東京オリンピックが開催される3年後には、今とは全く見違えた俺の姿がそこにある、かも……!?

松田有記
ファッション誌をはじめブランドカタログ、広告などのスタイリングを手掛ける。企業の代表取締役などを対象にしたパーソナルスタイリストとしても活躍。著書に『プチプラ・メンズコーデ術(エイ出版社)』。

グランデッド 03-5354-6088
ワークショップ ミナカミ 0278-25-4454
ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77
WAKO & CO 06-6263-8188
ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR 03-3796-0996
ザ・メロウハウス 0467-39-6176
アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店 044-982-3131
アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店 03-6721-1683
ワーク ノット ワーク アーバンリサーチ KITTE丸の内店 03-6269-9170

「Zoff ATHLETE CASUAL LINE」

(上から)ZN71011_B-1A、ZN71012_B-2、ZN71013_B-2 各¥7,000(税別・標準レンズ代込)