購入金額 ¥3,240(税込)以上で送料無料!

検索:

I’M ANDY WARHOL (アイム アンディ・ウォーホル)

in the future everybody will be world famous for fifteen minutes.

誰でも15分間有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう。

IM ANDY WARHOL Silver Factory

「Silver Factory(シルバーファクトリー) 」とは、1960年代にニューヨークに実在したウォーホルのアトリエの名前。数多くの作品が生まれたウォーホルのアトリエの名を冠した、実験的・未来的な商品のシリーズ。
4型16種類¥9,000~12,000(税別)

  • ZP182019_15F1
  • ZP181003_24E1

IM ANDY WARHOL Silver Factory ALL ITEM

IM ANDY WARHOL Silk Screen

1962年初頭、ウォーホルは、コマーシャルプリントの技法として彼の表現方法として最も有名なシルクスクリーンプリントを用いました。そのウォーホルのアイコニックなシルクスクリーンのアートワークをモチーフとしたシリーズです。
3型15種類¥7,500(税別)<coming soon>

  • ZA181G11_72A2
  • ZA181G10_20A1

coming-soon

IM ANDY WARHOL Self-Portrait

予期せぬ死から30年たった今でも、ウォーホルはアートとファッション界のアイコンとして存在し続けています。彼の特徴的なスタイルである、サングラスと大きなシルバーウィッグは、すべての年代の人をインスパイアし続け、15分間は有名でいられることの見本となっています。16の異なったSelf-portraitのポップな色味からインスパイアされたシリーズ。
2型16種類¥7,000(税別)

  • ZH181012_12A1
  • ZH181011_63A1

IM ANDY WARHOL Self-Portrait ALL ITEM

※全てのフレームに、オリジナルケースとメガネ拭きがセット。
※オンラインストアでご購入の場合、オリジナルショッパーは付きません。

Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party 2018.9.13

アンディ・ウォーホル美術財団とのパートナーシップによる、アイウェアシリーズ “I’M ANDY WARHOL” の発売に先駆けて、メディアの皆さまに向けた内覧会と、関係者の方々に向けたレセプションパーティを開催いたしました。
会場は、NYに実在したウォーホルの伝説のスタジオ 「シルバーファクトリー」を再現した、特別な空間の中各ラインのモチーフとなったアートグラフィックの数々が展示されました。
また、当日は全ラインの商品展示だけではなく、Zoff を運営するインターメスティック社が保有するウォーホルアートの一部も展示されました。

#zoff_warhol

SNAPSHOT

  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
  • Zoff × ANDY WARHOL Press Preview & Reception Party
MORE

Andy Warholアンディ・ウォーホル

(1928-1987)

andywarhol

The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.As the preeminent American artist of the 20th Century, Andy Warhol challenged the world to see art differently. Since its founding in 1987 in accordance with Andy Warhol’s will, The Andy Warhol Foundation has established itself as among the leading funders of contemporary art in the United States having distributed over $275,000,000 in grants supporting the creation, presentation and documentation of contemporary visual arts, particularly work that is experimental, under-recognized or challenging in nature. The foundation’s ongoing efforts to protect and enhance its founder’s creative legacy ensure that Warhol’s inventive, open-minded spirit will have a profound impact on the visual arts for generations to come. Proceeds the foundation receives from licensing projects such as this contribute to the Foundation’s endowment from which it distributes grants. For more information please visit www.warholfoundation.org.

アンディ・ウォーホル シルバーファクトリー

1963年、アンディ・ウォーホルはニューヨークの新しいスタジオに引っ越し、そこを”The Factory” (工場)と呼んだ。そのシルバー・ファクトリーでは有名な作品たちが次々と生まれ、ウォーホル・スーパースターたちの撮影をしたり、彼のバンドのアルバムレコーディングをしたりした。
ウォーホルにとって、シルバーという色は未来的で使い捨て的な意味と同時に、反映的な意味もあったのだ。彼の芸術は時代の写し鏡であり、それは彼がアメリカンカルチャーの生と死の局面に立ち向かう為に利用したマスメディアのイメージに反映されている。

アンディ・ウォーホル シルクスクリーン

「シルクスクリーンは本当に偶然だったんだよ」とウォーホルは言った。「最初の一枚は、ドローイングをシルクスクリーンにしたものだった。そのとき誰かが、写真が使えるじゃないかと言ったんだ」。シルクスクリーンでは、予測できない小さな変化とともに、何度も同じイメージを再現できた。「それはとてもシンプルで―素早く不確かで。私はスリルを感じたんだ。」。ウォーホルは、写真を効率的かつニュートラルでピュアな形のまま再現するために、この工程を探求した。そしてこの流れ作業の性質が、The Factory (工場)という名前のインスピレーションにもなった。

アンディ・ウォーホル セルフポートレート

アンディ・ウォーホルは生涯を通して、アーティストそして世のアイコンとして、自分を常に作り変え続けてきた。1960年代から80年代にかけて、彼は作品の素材として自分自身を描写し続けた。ウォーホルは、彼の遺産や大衆のイメージが、作品と同じくらい価値のあるものだと知っていたのだ。今日もウォーホルは世界中の文化に影響や刺激をもたらし、彼自身のイメージも、生前同様に象徴的で確かなものとなっている。