メガネブランド「Zoff」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)が、雑誌『装苑』(文化出版局)と、丸みのあるトレンドシェイプ「ボストン」のコラボビジュアルを発表しました。ボストンフレームをかけたモデルのモトーラ世理奈さんと岩崎拓馬さんが印象的な本ビジュアルは、販売中の『装苑』12月号に掲載されており、11月9日(木)から、全国のZoff店頭で展開されます。

Zoff BOSTON

Zoff BOSTON

ボストンは、おにぎりを逆さまにしたような、優しい丸みのあるシェイプです。ラウンドのフレームより左右の視野が広い機能性の高いシェイプとして1930年代にアメリカで生まれ、自動車の普及と共に爆発的にヒットしました。レトロ感と都会的な印象が共存するシェイプで、近年のクラシックフレームのトレンドに伴い、ファッション感度の高い方を中心に人気が再燃しています。

今回のコラボレーションは、1936年に服装研究雑誌として創刊して以降、ファッションカルチャーを発信し続ける『装苑』が、機能性とデザイン性を兼ね備えたボストンを改めて演出するのに最良のパートナーということで実現しました。

ボストンは、かける方の顔の形を選ばず、どんなファッションにも馴染む万能のシェイプです。Zoffでは、どこよりも充実したボストンのラインアップをお客様にご案内できるよう、約100種類の商品を展開しています。これからも、お客様にお気に入りの1本を見つけていただけるよう、魅力的な商品をお届けしてまいります。

デザインコンセプト

鳴尾仁希(アートディレクター)
ファッション感度の高い方やアーティストに「ボストン」は定番ですが、そもそも「ボストン」がメガネの型であるということや、今後さらにポピュラーになっていくということは、あまり浸透していません。今回のビジュアルは、幅広い層に「ボストン」を広めたいというコンセプトのもと制作しました。
まず、「ボストン」という名称を強調するために、ボストンテリアやボストンバッグといった「ボストン」のつく存在を入れ込みました。また、シュールなイラストをデザインに盛り込んだり、「ボストン」の魅力をストレートに解説するなど、ユーモアやインパクトをプラスすることで、視覚的に惹きつけるような構成に落とし込みました。
さらに、フレッシュかつ個性的な魅力を持つモトーラ世理奈さんと岩崎拓馬さんをモデルに起用することで、新たな時代のファッション性と親近感を打ち出しています。

Zoff BOSTON

【一般のお客様のお問合せ先】ゾフ カスタマーサポートTel.0120-013-883(平日10:00~19:00)
【特設サイト】http://www.zoff.co.jp/sp/boston/

特設サイトをみる